『感情の政治学』

■久々のアップになります。さて、8月11日に新刊が出ます。タイトルは『感情の政治学』(講談社メチエ)。アマゾン感情の政治学 (講談社選書メチエ)ときにこの講談社の選書メチエというレーベル、確か私が大学生の頃に発刊され、古今の思想家・哲学者のサイン…

「二大政党制批判論」の電子書籍化について。

最近になって、拙著の『二大政党制批判』(光文社新書、2009年)を購入しようとしても書店品切れで、出版社に問い合わせてもも品切れ・重版未定で入手できない、とのご指摘を頂くようになりました。刊行当時は宮崎哲哉さんや東浩紀さんにパワープッシュして…

道新に寄稿した映画「ハンナ・アーレント」評です。

クリスマスの今日の北海道新聞の夕刊文化面に「映画『ハンナ・アーレント』が問いかけるもの――何が「善」であるのか」という文章を寄稿しました。アーレントは政治思想家・哲学者としては二流かもしれません。しかし、それゆえ彼女にしか描けないものがあり…

ハンナ・アーレントの詩。

12月19日のシアターキノでの映画「ハンナ・アーレント」封切での山口二郎×吉田徹ゼミは、お陰様で満員御礼、盛況のうちに終わりました。 http://theaterkino.net/wp/?p=9177 ちなみに、アーレントの思想については、映画に引き付けたものが25日か26日付け北…

映画「ハンナ・アーレント」ゼミを開催

すでにツイッターやフェイスブックで告知していますが、来る12月21日(土)に、札幌シアターキノで山口二郎先生とともに映画「ハンナ・アーレント」をめぐる対談をやります。 全国的にもすでに似た試みがありますが、当日は「ゼミ割」と称して3人以上で入館…

フランスLe Banquet誌 日本特集号

久方ぶりの更新になってしまいました。フランスではCommentaire, Debat, Espritといった日本的にいえば有名な「論壇誌」がありますが、その「第四」の座を目指すと豪語しているLe Banquetという雑誌(季刊)があります。他の雑誌と同じように、どこの出版社…

「政治はなぜ嫌われるのか」訂正、

コリン・ヘイ著『政治はなぜ嫌われるのか』(岩波書店)は、日経、朝日、読売、北海道新聞等で紹介されたこともあり、お陰様で好評をいただいているようです。政治はなぜ嫌われるのか――民主主義の取り戻し方(2012/11/22)コリン・ヘイ商品詳細を見るただ、一…

ANU の奨学金。

続けて、ANU(オーストラリア国立大学)からの欧州研究の奨学金。ANUの環境はとても良いみたいですよ♪Visiting Fellow Programs 2013-2014 Fellowship Round April 2013 to April 2014 Closing date: 1 February 2013The Visiting Fellowship Program at the…

ニュートンからの奨学金。

社会科学系にもオープンなようです。 開始時期もまだ先、受け入れ先も選択肢が広いので、お奨めです。The Newton International Fellowship scheme will select the very best early stage post-doctoral researchers from all over the world, and offer su…

中欧大学スカラーシップ@ブダペスト。

MA and PhD Fellowships at Central European University Apply by January 24, 2013Central European University Is Pleased To Announce Its Call For Applications For Academic Year 2013/2014 Central European University is an English-language, gra…

国際公務員を目指す人のための ジュネーヴ国際機関就職研修セミナール御案内

◆研修会の目的:国際公務員を目指すMA課程以上の学歴を有する約12名の方々を対象に、国際機関への就職活動準備のお手伝いをすること。◆主催者:NPO日本救援行動センター(JARC)代表理事 松元 洋◆期間:2013年3月25日(月)―29日(金)◆会場:Mandat Interna…

コリン・ヘイ著「政治はなぜ嫌われるのか」刊行です。

昨年末から取り組んできたコリン・ヘイ『政治はなぜ嫌われるのか――民主主義の取り戻し方』(岩波書店刊)が11月21日に発売予定となりました。本と出会ったのは、招聘先のパリ政治学院の書籍購入部で、おそらく誰かが教科書指定したのでしょう、平積みになっ…

2012年11月8日付け「リベラシオン紙」(日本評)。

「リベラシオン」というフランスの日刊紙があります。左派ですが、有名な「ル・モンド」ほど堅苦しくなく、1968年世代が作った新聞という性格もあって、比較的若い読者が多いようです。 「ル・モンド」では日本の文化情報が結構掲載されるのですが、リベラシ…

コーヒーマシンのあれこれ。

おそろしく久しぶりのブログ更新になりました。 本当にここ数か月、仕事以外でパソコンに向かう時間がとれなかったのが実情です。 もちろん、FBとツイッターに資源を取られているのも確かですが...今回はちょっと嗜好を変えて、「コーヒーメーカー」をレビュ…

石巻日日新聞、

石巻日日新聞の活動を称えて、現代フランスきっての知日派であるクロード・ルブラン氏のイニシアティヴで、国立ギメ美術館で、同新聞の展示会が開催されます。ぜひ足を運んでみてください。 プレスリリース 2012 年 2 月 22 日 ・ ・壁新聞展 併示:エリック…

レセプション&討論会は招待制となります。こ出席いただける場合は、お早めにお申し込み下さい。

お問い合わせ・お申し込み : (FR) ジョナス・ラム (キメ東洋美術館) : jonas@ramuz.fr / +33 6 50 32 28 61 (JP / FR) 古賀 律子 (エスハス・ジャポン) : expo@espacejapon.com / +33 1 47 00 77 47 石巻日日新聞課長・平井美智子氏への取材のお申し込みは古…

【募集】みなさま、3.11の一周年に合わせて、フランスの言論報道ウェッブサイトOpinion Internationalが証言集を募集しています(日本人限定)。 http://www.opinion-internationale.com/もし協力しても良いという方がいらっしゃいましたら、下記の質問に短…

コール・フォー・ペーパーズ.

アジア + 資本主義の多様性についての報告発表募集です。場合によって旅費も出るとのことです。 SASE – Network Q: Asian CapitalismsSASE’s 24th Annual Meeting, MIT, Cambridge (June 28-30, 2012)Organizers: Sebastien Lechevalier (EHESS), Boy Lüthje…

ミシュランガイドはなぜ歓迎されるべきなのか。

(シノドス・ジャーナルより転載)日本国内では東京版と関西版につづいて、ミシュランガイドの北海道版が発行されることが先に発表された。北の大地を多少なりとも知っていて、いままで声高に「ミシュランガイドは北海道にこそ相応しい」と言ってきたものに…

【ジュネーブ国連研修会】

以下、主催者のJARCより、ジュネーブでの国連就職ナビのお知らせです。 ご連絡をいただければ厚遇いたしますので、奮ってご参加ください! 国際公務員を目指す約12名の方々を対象に、就職活動準備のお手伝いをすることを目的とした、ジュネーヴの国際機関…

ブルーネル大Ph.D奨学金。

Social Sciences PhD Scholarships Brunel University, London Closing date: Wednesday 23 November 2011We are delighted to announce nine fully-funded PhD studentships in social sciences at Brunel University for UK, EU and international student…

hold an existing offer of a PhD from Social Sciences at Brunel University.

New applicants must include a letter stating that they wish to apply for the scholarship with their application. Existing offer holders must submit a letter of application to sss-resadmin@brunel.ac.uk by the deadline.Closing date: Wednesda…

be a new applicant for a PhD (all applications must be received by the deadline) or

meet the entry criteria for the PhD programme in their chosen subject area

Sociology and Communications

Selection criteria In addition to applicants having to meet the subject’s normal entry criteria, the School’s Studentship Selection Panel will be reviewing applications to ensure that the research topic proposed is of excellent quality, we…

Psychology

Politics, International Relations and History

Economics and Finance

「日本の反核運動はなぜ脆弱なのか」【Atlantico.fr】

フランスの老舗情報サイトAtlantico.frに、フクシマ原発事故を受けてのインタビューが掲載されました。 フランスでは、日本の政界と原発ロビーの関係の話が先行していますが、原発そのものが優れて社会的な意味を持つものであること、それゆえにフランスと無…

「夏の思い出」

「困ったなぁ」。父親の困惑をよそに、7ヶ月の息子は足元に群がる公園の鳩に興奮している。暦はすでに9月。ほぼ10年ぶりに住むパリはそう大きく変わっていなかったが、変わっていたのは自分だった。何分今度は家族連れ、読み違えたのは子供の預け先が中々見…