新書大賞、

「新書大賞2010」で、評論家の宮崎哲弥さんが2010年の新書ベスト5に『二大政党制批判論』を挙げて下さっています。曰く「反省的視点を養うためにも、飯尾さんの本(『日本の統治構造』―註)とセットで今、読まれるべきでしょう」と。過大な褒め言葉かもしれませんが、有難うございます。

ちなみに、その他の新書とはいうと :

スマナサーラ『無常の見方』サンガ新書

岩田規久男日本銀行は信用できるか』講談社現代新書

山本博文『殉教』光文社新書

岡田暁生『音楽の聴き方』中公新書

の4冊でした。

ふと気が付くと、本棚に新書が占めるシェアがどんどん高くなっている気がします。
単に勉強不足の表れなのか、それとも点数が増えたためか。いずれにしても楽しいマーケットであることは確かです。

新書大賞〈2010〉新書大賞〈2010〉
(2010/02/25)
中央公論編集部

商品詳細を見る

二大政党制批判論 もうひとつのデモクラシーへ (光文社新書)二大政党制批判論 もうひとつのデモクラシーへ (光文社新書)
(2009/10/16)
吉田徹

商品詳細を見る

Remove all ads