Au Pays des Milles Collines.

ルワンダ共和国へ行ってきました。
美しい国、美しいゆえに哀しく、また哀しいゆえに美しい国でした。
2000人が文字通り虐殺され死体の山に隠れて助かった人間が護るメモリアルで、何を感じろというのだろうか。
言葉を紡ぎ出せぬゆえ、写真にて。

rainbow.jpg
キブ湖の虹、2つの虹。lakekibu.jpg

millecollines.jpg
「千の丘ホテル」、世界的には「ホテル・ルワンダ」で有名。


hotel.jpg

collines.jpg
文字通りの丘の数々。

morninglights.jpg
キガリの朝焼。brume.jpg

ntarama.jpg
NTARAMA教会、虐殺の地。

nyange.jpg
Nyange教会、虐殺の地。

singing.jpg
未来への生存者。

奇遇なことに、ちょうど帰宅途中に開いた朝日のオピニオン欄にUNDPルワンダ事務所の三戸俊和氏がこう締めくくっていた。
「遠いアフリカの窮状を日本で憂え、政府や国際機関などを通じた援助に期待を託さずとも、自ら旅に出ることで途上国への貢献は可能だと私は思う」

Remove all ads