雑記だけ。

ハンナ・アーレントの詩。

12月19日のシアターキノでの映画「ハンナ・アーレント」封切での山口二郎×吉田徹ゼミは、お陰様で満員御礼、盛況のうちに終わりました。 http://theaterkino.net/wp/?p=9177 ちなみに、アーレントの思想については、映画に引き付けたものが25日か26日付け北…

ニュートンからの奨学金。

社会科学系にもオープンなようです。 開始時期もまだ先、受け入れ先も選択肢が広いので、お奨めです。The Newton International Fellowship scheme will select the very best early stage post-doctoral researchers from all over the world, and offer su…

中欧大学スカラーシップ@ブダペスト。

MA and PhD Fellowships at Central European University Apply by January 24, 2013Central European University Is Pleased To Announce Its Call For Applications For Academic Year 2013/2014 Central European University is an English-language, gra…

国際公務員を目指す人のための ジュネーヴ国際機関就職研修セミナール御案内

◆研修会の目的:国際公務員を目指すMA課程以上の学歴を有する約12名の方々を対象に、国際機関への就職活動準備のお手伝いをすること。◆主催者:NPO日本救援行動センター(JARC)代表理事 松元 洋◆期間:2013年3月25日(月)―29日(金)◆会場:Mandat Interna…

コーヒーマシンのあれこれ。

おそろしく久しぶりのブログ更新になりました。 本当にここ数か月、仕事以外でパソコンに向かう時間がとれなかったのが実情です。 もちろん、FBとツイッターに資源を取られているのも確かですが...今回はちょっと嗜好を変えて、「コーヒーメーカー」をレビュ…

ミシュランガイドはなぜ歓迎されるべきなのか。

(シノドス・ジャーナルより転載)日本国内では東京版と関西版につづいて、ミシュランガイドの北海道版が発行されることが先に発表された。北の大地を多少なりとも知っていて、いままで声高に「ミシュランガイドは北海道にこそ相応しい」と言ってきたものに…

「夏の思い出」

「困ったなぁ」。父親の困惑をよそに、7ヶ月の息子は足元に群がる公園の鳩に興奮している。暦はすでに9月。ほぼ10年ぶりに住むパリはそう大きく変わっていなかったが、変わっていたのは自分だった。何分今度は家族連れ、読み違えたのは子供の預け先が中々見…

Conférence Japon : quel leadership national et international ?

Conférence Japon : quel leadership national et international ? 日本の政治、外交リーダーシップの行方Mardi 31 mai 2011 à 18h30 2011年5月31日(火) 18時30分Coorganisation Centre Asie-Pacifique, Direction des affaires internationales et des écha…

シアンスポの先生、

無事、シアンスポの講義も終わり、今日期末試験の採点表を事務に持って行って、今期の仕事も、これでめでたく終了となった。もともと、シアンスポと関わりを持ったのは、1999年ごろのこと。当時、企業派遣でパリに来ていた私は、毎日の大半をオフィスで過ご…

【シンポジウム】福島原発危機から日本を再考する

Nous avons le plaisir de vous inviter à un panel de discussionRepenser le Japon: A partir de la crise nucléaire de Fukushima(suivi d’un cocktail)Organisé par l’association des étudiants japonais de Sciences po et le bureau de l’université …

復興が問題なのではない、いかなる復興なのかが問題なのだ。

海外にいると、地面の揺れを感じない代わりに、映像情報に頼るので、感情が増幅されて逆に眩暈のようなものを感じます。当地でも、学生がチャリティや日仏学生の会合をしたり、日本人学校がバザーを開催したりと、出来ることやっています。私の生業はモノを…

Vogue,Beauty's where you find it

「VOGUE Paris」は、2010年10月に90周年を迎えての特大号。 700ページ、重さ2キロ375グラム(雑誌屋のおじさん曰く)もさることながら、その内容が豪華絢爛。 各メゾンの90周年用特別広告に、ヘルムート・ニュートンからブルース・ウェバーらの別冊写真集が…

再会。

彼と会ったのは、93年ごろ、まだボクが大学1年生だった頃だ。 彼と出会った場所は、ケニヤ北東部のカクマにある難民キャンプだ。 彼はウガンダからの難民で、詳しいことは話さなかったが、当時の与党に抗議運動をした廉で難民になったという。カクマ・キャン…

ようやく、

パリに着いて約一ヶ月弱。ようやく固定電話とインターネット回線が開通しました。あそこに指示し、こちらをせかし、それだけでマネージメント能力が試される世界。ふてくされて、ロゼを梯子しながら本を読む日々でした。マルク・ブロックが「奇妙な敗北」で…

在仏。

サバティカルでパリに滞在です。 案の定、スムーズには物事が進みません。諸々落ち着くまでまだ時間がかかりそうですが、やれること、やるべきことをひとつずつ。それ以外にやれることはないですから。

鞄心理学、

鞄心理学(2010/05)中山 和彦商品詳細を見る先日、朝日ニュースターの「週刊鉄学」で著書がゲストの回を観た。 精神医学が専門の著者は、種々の鞄を「細胞」に見立てて、鞄を自我の投影と象徴とみなすという、興味深い解釈を展開していた。鞄の機能や形状その…

RONZA、再始動。

かつて『論座』(発刊当初はRONZAと標記していた記憶もありますが)という、朝日新聞社が出していた「総合雑誌」がありました。保守の総合雑誌としては「正論」や「中央公論」があり、左派には「世界」がありましたが、そのように原理的なものの見方ではなく…

新自由主義レジームを生き抜くために。

その人は、40歳半ばである。ここでは仮にSさんと呼んでおく。Sさんは、もともと先物取引のディーラーをやっていた。その彼がその後、外資系保険の営業マンに転じたのは、離婚がきっかけだった。離婚を機に、保険金の払い戻し金を娘に渡そうとしたところ、解…

公開講座で喋れ、と。

実は、いまだに人前で話すのは苦手です。はい、こう見えても実はそうなのです。 そんな人間に公開講座で、一般向けにわかりやすく、今の政治について話すというのはかなりの負担なのです。 でも、例によって何とかなるでしょう。基調としては「なんで政治っ…

美味しい珈琲いかが。

いつもコーヒー豆は近所の自家焙煎の店で購入していたのだけれど、いかんせん大量のコーヒーを消費するので、安くて大目に購入できるということで、最近はもっぱら大阪の田代珈琲 http://www.rakuten.co.jp/coffeeyasan/からの購入に。 このお店、発送前日に…

朝までニコニコ生激論。

どうにかこうにか無事終了。 http://live.nicovideo.jp/gate/lv16951183基本的には「それオッケー」とならないように、上手に対立軸を作っていこうとしたつもりですが、個人的には、「政治学」の限界を強く感じたアリーナでした(と、お前が政治学を語るな、…

代議制の拡張可能性。

5月21日24:00からの「ニコニコ生激論」にパネラーとして参加いたします。 こんな内容だそうです。『民主主義2.1(夏)〜代議制の拡張可能性について〜』 「民主主義2.0」は、昨年10月に東浩紀が提言して以来、多くの人がその言葉に希望を託し、ネットの一部…

ついったー。

時流に押されて(?)ツイッターを始めました。 …とここでつぶやいても仕方ないのですが。 http://twitter.com/yoshidatoruそういえば、以前ある人がやはりツイッターを始めたものの、何を書いてよいか分らず、「お腹が空いた」とつぶいやいてみたものの、何…

奇妙な縁、

先週木曜日、知人から「朝日新聞の論壇時評にのっていましたね」とのメールをもらって、ポストに新聞を取りに行ってみたら、先の『世界』4月号に掲載されている「民主党政権はなぜ脆弱なのか」が、評者の松原隆一郎氏に紹介されていました(あの顔写真、嫌な…

「ためにする」議論とは。

最近、どうも政治評論(ここには積極的・消極的の2つの意味があります)に力が入ってしまっているのですが、『週刊現代』からもお話を戴いてしまいました。http://online.wgen.jp/ 15日(一部地域は17日)発売の特集にコメントを寄せています。私の住んでい…

新書大賞、

「新書大賞2010」で、評論家の宮崎哲弥さんが2010年の新書ベスト5に『二大政党制批判論』を挙げて下さっています。曰く「反省的視点を養うためにも、飯尾さんの本(『日本の統治構造』―註)とセットで今、読まれるべきでしょう」と。過大な褒め言葉かもしれ…

「シノドス」レクチャー@03.07

知の交流スペース「シノドス」で、「デモクラシーを考える―ポスト政権交代の政治学」と題したワンデー・レクチャーを行います。http://synodos.jp/seminar_lectureセミナーでは、「政治学」の核心を「政治的なもの」の概念を通じて確認して、その上で90年代…

シアンスポ、テニュア。

Institution: Sciences Po Bordeaux and CNRS Title of Position: Assistant Professor Field : Quantitative political analysis and comparative politics Starting Date: September 1, 2010 Sciences Po Bordeaux (Institut d’Etudes Politiques de Borde…

「ニュースの深層」、

「政党はデモクラシーの生命線」とは、かつてジグマンド・ノイマンが古典的名著の『政党』で書いた言葉ですが、あんなに粛々として盛り上がりのない「党大会」も珍しいな、と変な意味で感慨に浸ると同時に、ちょっと困ったな、といった感じです。そんな政党…

謹賀新年。

「世の中のあらゆる事物が二重性をそなえているように、帝国主義とすべての反動派も二重性をそなえており、かれらは本物の虎でもあれば、張子の虎でもある」 毛沢東(1946年)新年明けましておめでとうございます。旧年は大変お世話になりました。試行錯誤を…

WSF2010 分散開催・日本首都圏版

WSF2010首都圏(仮称)へ! 実行委員会への参加・賛同のご案内社会運動、労働運動、人権運動、平和運動、環境運動、市民運動、NGO−NPOなど社会的連帯の活動に取り組んでおられるみなさん 私たちは、2010年1月に「WSF2010首都圏」(…

忘備録、

12月09日付けの朝日新聞オピニオン欄「いま、政党は」特集に「選挙至上主義から脱却を」と題されたインタビュー記事が掲載されました。同じ特集として、待鳥聡史先生と「素人の乱」の松本哉さんのインタビューも掲載されていますが、同心円状に重なりながら…

「大学カフェ」出版記念フォーラム。

http://shopping.hokkaido-np.co.jp/store/item/?item_id=4484&store_id=6 http://www.kusumishobou.jp/index.html中島岳志さんがこれまで一生懸命取り組んでこられた「大学カフェ」@くすみ書房のセミナーが一冊の本にまとまりました。 本では新たに、山口…

TBSラジオ、アクセス。

今夜、急遽TBSラジオの「アクセス」(月曜版)に電話出演することになりました。https://tbs954.jp/CGI/ac/btt/btt_talk.cgiテーマは: 「自由新党」に「和魂党」…。 政権奪回のために自民党が党名の変更を検討へ。 自民党は党名を変更した方がいいと思いま…

いいわけ、

『現代用語の基礎知識』2010年度版に新設された巻頭特集に「ポスト政権交代」と題したコラムを執筆しました。 もはや「知恵蔵」も「イミダス」もネット版しか存在しなくなって、類似のデーターベースが無料で提供される中、この種の書籍の役割も変わりつつあ…

Online Interview.

「二大政党制批判論」の出版に際して、オンライン・インタビュー2本がアップされました。?. ダイヤモンド・オンライン「若手学者が激論する!−経済学・政治学・社会学のコラボレーションで日本を変える―二大政党制は時代遅れ?「政権交代」の先にあるもの――…

「Penser la crise/危機を考える」

パリ社会科学高等学院が新たに日仏財団を発足したのに伴い、設立記念シンポジウムが開催されます。「パリは遠くになりにけり」、日仏研究の新しい足場として、力強いスタートになるものと思っています。日本側の政治学者としては山口二郎先生がパネリストと…

新刊出ました、

10月16日に拙著『二大政党制批判論―もうひとつのデモクラシーへ』(光文社新書)が発売になります。 これまで色々と書き散らしたり、話したことなどを一冊にまとめたものです。この本で提起したのは大きく言って、?政党とはどのような組織で、どのようなもの…

大学カフェ、パート?

昨年、お世話になった「くすみ書房」の大学カフェで、「ポスト政権交代の政治 「閉塞感」はどこから来て、どこへ向かうのか」と題したトークをやります。 http://www.kusumishobou.jp/home.html「政権交代って何か、どこかすっきりしないよね」という「もや…

政権交代アンケート、

「知」のブランド「シノドス」が発行しているメルマガ「アルファ・シノドス」に、田村哲樹さんと私とで分担して執筆させていただいているのですが、今回の第36号に「緊急特集:政権交代は日本に何をもたらすのか?」とのアンケートが発表されました。「緊急…

【宣伝】Tokyo メディアフェスタ2009

TOKYOメディアフェス 2009 http://medifes.net/分科会 徹底討論!独立系メディアがマスメディアを変える私たちは新聞・テレビなどマスメディアが映し出すリアリティに取り巻かれ窒息寸前に追い込まれている。そのマスメディアは「集団過熱取材」「一極…

【宣伝】World Social Forum 2009 in Tokyo.

WSF2010首都圏(仮称)へ!実行委員会への参加・賛同のご案内社会運動、労働運動、人権運動、平和運動、環境運動、市民運動、NGO−NPOなど社会的連帯の活動に取り組んでおられるみなさん 私たちは、2010年1月に「WSF2010首都圏」(…

政治学の本。

ボク自身すっかり失念していたのですが、現在池袋のジュンク堂で9月11日まで「現代社会を読み解く『知』」と題されたフェアが開催されています。 http://www.junkudo.co.jp/newevent/shop-ikebukuro.html#talk-ikebukuroボク自身まだ未見で残念な思いをして…

Are you Gated?

今朝の新聞に挟まれていた広告チラシに、「ゲーテッド・コミュニティ」のマンションの案内が入っていた。何でも「道路とフェンスに囲まれた安心」なのだそうだ。 途上国では、外国人が住むのは当然「ゲーテッド」であるのが大体のデフォルトだが、特段「ゲー…

書評記事、

やや旧聞に属しますが、8月16日付けの日経新聞の読書欄にヘールト・マックの『ヨーロッパの100年』(徳間書店)の書評を寄せています。ヨーロッパの100年(上) 何が起き、何が起きなかったのか(2009/06/23)ヘールト・マック商品詳細を見るヨーロッパの100年(…

メディア・アンビシャス:講演会とシンポジウム

賛同人になっている「メディア・アンビシャス」(安直なネーミングはご容赦)の講演会+シンポジウムが開催されます。 「メディア・アンビシャス」は、特定の報道や番組を会員相互で推薦しあい、表彰することで、「質の良い」メディアへと流れを作っていくこ…

新刊が出ます。

5月22日発売 「日本を変える『知』」(光文社) http://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334975715 http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4334975712.html芹沢一也・荻上チキ編『日本を変える「知」』の「政治編」に執筆をしています。 執筆陣は飯田泰…

黒つつじという名のスマートフォン。

まだかまだかと再発売を待っていたBlackberry@ドコモ。思えば、こんなエントリーをしたのが1年半前。 http://yoshidatoru.blog22.fc2.com/blog-entry-111.html 日本の携帯市場にもやってきた。2008年下期になって早々にiPhoneが発売され、どうしようどうしよ…

遅ればせながらの雑感。

遅ればせながら、例の田母神論文について考えてみた。 全文はこちらへ→http://www.apa.co.jp/book_report/ ←アパ温泉巡りが副賞だったんですね。田母神「論文」で歴史家が問題視しているのは大まかに言って2つあるのだろう。1つは、廬溝橋事件が中国共産党に…

「白け」と「苛立ち」の時代に。

12月10日付け北海道新聞(夕)に「政治が露呈した存在感の軽さ―知性の力で「重み」を」と題された論考が掲載されました。ズルイ小泉政権から始って、グダグだな安倍政権、そしてダメダメな麻生政権へと自民党政治は流転してきましたが、これに対して社会の側…